アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ちはやふるアニメ3期5話のあらすじ・感想ネタバレ!太一の実力

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ちはやふるアニメ3期第5話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

3期5話「あまのかぐやま」

前回の4話は、千早が猪熊遥と対戦!他の選手も含めて、ベスト8のすごい熱戦の様子が描かれました。

今回の5話では、準々決勝と準決勝の勝敗がわかります。決勝で戦うふたりは!?

では、ここから「ちはやふるアニメ3期5話のあらすじ・感想ネタバレ!太一の実力」についてまとめます。

スポンサーリンク

ちはやふるアニメ3期5話 あらすじ

吉野会大会のA級ベスト8が勢揃いした準々決勝。
とうとう対戦は終盤になり、試合が終わる組み合わせも…

府中白波会は、1勝1敗。
また対戦中の、千早と太一に、勝っても負けても力をくれる原田先生と坪口。

そしてついに勝負がつき、準決勝が始まります!

勝利して決勝で戦うふたりは!?

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるおすすめVOD動画配信サービスはこちら!

ちはやふるアニメ3期5話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、19巻の101話~102話までのお話です。

ちはやふる 19巻

ちはやふる 19巻

ちはやふる 19巻

[著]末次由紀

今回のストーリーは、好きなところが多くて困ってしまうほど良かったですね。
全部は書けないので、特に注目した部分についてまとめます。

まず、ほんの少しのシーンだけど、前回同様猪熊遥の子供の暉ちゃんが可愛い!!
ビュッビュッと素振りをしたりして…

静かにしていられなくてパパに外に連れ出されてしまいましたが、やっぱりずっと観ていたい~!

その後、続けて2組の試合が終わるのですが、驚いたのは一番最初に終了した坪口VS新の試合。

坪口が新に勝ちました。これはちょっと意外でしたね。
もちろん、彼も名人戦東日本代表になったことがある実力者ですから、もちろん勝ったっておかしくないわけですけど…

新は詩暢ちゃんに勝つなど勢いがあったので、南雲会も面々はもちろん千早と太一も驚いていましたし。

原田先生は村尾に負けてしまいましたが、かなり消耗させていました。

翠北会の会長である北野先生は、5試合目でヘロヘロじゃないかとか言ってましたけど、あんたはやってないじゃん!同じようにやってから言え!と言いたい!!

私も50代なんでわかるけど、本当に身体の衰えはきっついんですよ。
当たり前にできていたことが次々とできなくなるんだから。

なのに、若い世代に混ざって現役で戦っている原田先生は、本当にすごいです。
マジで感動するし、尊敬しますよ。

この先生の根性・執念・前向きな姿勢というのは、千早と太一にも力をくれます。

そしてその千早と太一は…
原田先生と坪口の力をもらって、強気の攻めがるた♪

千早はついに、元クイーン・猪熊遥に勝利しました。

残りの太一は運命戦になっていて…
あ~~なんど太一の運命戦を今まで見てきたことか…
他の選手と違って、太一の場合は本当に胃がギュッとなる感じで緊張します。
だって、本当にツキがないから。

だけど、今回は迷わず敵陣を攻めて勝利!
運命戦で勝ったというのもそうだけど、須藤に勝ったというのが嬉しいですね。

もう太一が勝ったことで、いいや…大満足とか思うほど、ここまで最高のシーンだったんですけど…

今回のストーリーはこの勝敗がわかった以上に、私はこのあとのシーンにグッと感じるものがありました。それは、坪口が棄権して太一に声をかけるシーンから、原田先生と話すまでの流れです。

ベスト8の対戦が終了後、準決勝の坪口の相手は同会の千早に決まりました。
しかし、同会だし千早は対戦後に寝たままだったので、坪口は棄権して千早に勝利を譲ります。

これはまだわかるんです。
同会だからっていうのもあるけど、本番はこれから2週間後の名人戦予選なわけだから。

そしてグッときたのはそのあとに太一に声をかけるシーンです。

きついか?
でも、ここだぞまつげくん

ここにいるたいていの人たちは
まつげくんを勢いだけで上がってきた若僧だと思ってる

でもうちの会のやつらは知ってる
きみは勢いも運もたいしてない

実力だ

ここで実力にしてこい

なんかね…
このセリフを聞いたら、泣きそうになりましたよ。

それぐらいこれまでの太一は、実力はあるのに運がなくてなかなかA級になれずに苦労してきたから…

それをずっと見守って応援してきた白波会の人たちは、本人でさえ実力がないと思っているのに、ちゃんと実力があるってわかってくれてるんですよ。

しかも、坪口は過去に顧問をしている朋鳴高校かるた部が瑞沢高校と対戦して負けた時に、太一に負けた生徒に対して、彼がすごい努力をしていることや、それに励まされていることを話していたりしたじゃないですか。

だから、坪口がこのセリフで後押ししたというのは、ずっと見てくれているって感じがよりわかるので、ジーンとくるんですよね。

スポンサーリンク

そしてまだ続きます。
千早に勝利を譲ったことについて、原田先生はずいぶん余裕じゃないかと言うシーン。

原田先生は、もう若くないから本気で試合をしてもらえるなら愛弟子とだって死ぬ気で取ると、すごい気迫で話しています。そして足にはサポーター…

あ~~~わかる~~~。
もう1回1回が貴重なんですよね。いつかるたができなくなるかわからないし、日々身体は衰えていくわけですから。

名人と当たるまでにはすごく勝たなくてはいけないのに、挑戦できるチャンスは限られていて、だからこそその少ないチャンスを活かすためには、少しでも試合をして成長しなければならない…

同世代がみな引退した50歳過ぎても本気で名人を目指している原田先生の強い想いが伝わってくるシーンですね。

そしてその最後に、もしも千早ではなく太一と当たっていたら譲ったか?と坪口に質問するのでが…

坪口は、新との戦いで意地になったのと同じように潰しにいったかもと答えています。

千早はクイーン戦になりますから、目指している本番で当たることはないですから、同じ名人戦で当たるかもしれない若い才能は潰しておこうってことですね。

そしてその言葉は、太一もまた実力をつけ、油断できないライバルに成長してきているということを表していると思います。

最後は、もうマジで興奮しましたよ!!
太一の成長っぷりが半端ない!!

ずっと攻めがるたを教わってきた太一が、これまで練習してきたことを試してみた結果わかったのは、太一に合っているのが守りがるただったということ。

そして、なんとA級になって初めての大会でありながら、村尾に勝って決勝進出が決定しました。

これはすごいですね。
村尾に勝ったこともすごいけど、太一が成長する道は守りがるただってわかったことが。

今まで攻めがるたを教わってきたんだから、伸びしろがまだまだあるってことでしょ?1期・2期と苦戦していた太一が、これからさらに才能を発揮していくと思うと、もうワクワクしてしかたがないです。

ちはやふるアニメ3期5話 感想まとめ

最後は、決勝戦に出場する千早が入場してきて、顔を合わせたシーンで終了でした。

原作を読んだ時にもびっくりしたんですけど…
ついこの間の夏休みに参加した富士崎高校の合宿の時に、太一が公式戦で千早に勝つ宣言をしてましたよね。それを実現させるチャンスがもう来たとかすごくないですか?

A級になってからの太一の成長っぷりは、本当にすごいです。

次回「にしきなりけり」

以上、「ちはやふるアニメ3期5話のあらすじ・感想ネタバレ!太一の実力」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら