アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ヴィンランド・サガ(アニメ)18話のあらすじ・感想ネタバレ!クヌートの覚醒

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ヴィンランド・サガ18話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第18話「ゆりかごの外」

前回17話は、アシェラッドたちが裏切り者たちと戦うお話でした。

今回の18話は、トルフィンがトルケルと決闘!そしてクヌートは愛について悟って覚醒します!

では、ここから「ヴィンランド・サガ(アニメ)18話のあらすじ・感想ネタバレ!クヌートの覚醒」についてまとめます。

スポンサーリンク

ヴィンランド・サガ(アニメ)18話 あらすじ

裏切り者たちと戦っている間に、トルケル軍にも追いつかれて絶体絶命のアシェラッド。

その身柄を賭けて、助けに戻ったトルフィンとトルケルの決闘が成立しました。

正々堂々と仇を取りたいトルフィンは、アシェラッドが他の者に殺されるのは許せないため、なんとか助けたいと思っています。それに対してトルケルは、トールズの息子であるトルフィンに期待し、「本当の戦士」とは何かとトルフィンに問うのです。

その頃、逃げている最中で襲撃にあってしまったクヌート王子は、夢を見ていました。その夢に出てきたのは…

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるVOD動画配信サービスをご紹介します。

ヴィンランド・サガ動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

ヴィンランド・サガ(アニメ)18話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、6巻36話~39話の途中までのお話です。

今回のストーリーは、トルフィンとトルケルの戦いと、クヌート王子の気づきという大きく分けて2つの見どころで構成されています。
それぞれの見どころに分けて感想を書きますね。

まずは、トルフィンとトルケルの戦いから。
ふたりは、一度ロンドン橋で決戦したことがあったので、トルフィンもある程度の覚悟や知識はあります。

だから圧倒的にやられるわけでもなく、多少はトルケルを傷つけることができているんです。
しかし、圧倒的に力の差はあるわけですよ。

トルケルも、トルフィンが強いってことはわかっているけれど、トールズの息子として期待しているせいか、何か物足りないと思っています。

トルケルはこんなことを言っていますね。

確かに強いが
お前の剣は
なんかこー…

フツ~~~~~ってカンジ?
戦士として完成するには何かが足りない

トルケルは、トルフィンのことだけではなく、自分にも何かが足りないってわかっており、それをトールズの息子であるトルフィンから学べるかもしれないと思っていたようでした。

そして聞くんです。

本当の戦士ってなんだ?

これはこの作品の大きなテーマであり、トルフィンからすると父親の残した言葉ですから、一瞬ふと過去を思い出して立ち止まってしまいます。

トルケルは、自分より強い男だったトールズが持っていたもの…自分が持っていない何かを知りたいのですね。だからこそ、最後に会った時にトールズが言っていた「本当の戦士」とは何かを知りたいんです。

でも、決闘をしている時点で、トルケルもトルフィンも本当の戦士とはほど遠い状態。

本当の戦士とは何かということを知り、剣はいらないし誰にも敵などいないと言っていたトールズでも、剣は捨てることができずに保管していたわけですからね。本当の戦士になるために人を殺さず、その結果自分は殺されてしまったトールズでさえ本当の戦士にはなりきれなかったということでしょう。

だから、それほど難しいことなのに、決闘で物事を解決しようとしているようでは、理解できるはずもないってことです。

戦うことそのものが大好きなトルケルはずっと無理かも。

トルフィンは後々理解することになりますが、相当な時間がかかります。
しかも、今の生き方が変わるほどの大きな変化があってのことで、今回の最終回でもまだ理解はできないでしょう。

ただ、本当の戦士を目指そうとするきかっけとなる出来事は、この作品の最終回の見どころになるのではないかな~。

その後ふたりのシーンは、トルフィンはトルケルの蹴りをうまく衝撃を殺して受けたものの、すごく高くふっ飛ばされて、大ダメージを受けてしまったところまで。

スポンサーリンク

その頃クヌート王子は、夢を見ていました。
ラグナルがお別れを伝えに来た夢です。そしてラグナルは自分が教育係として失格だったと認めます。

王者としてではなく、普通の農民が我が子を育てるように育ててしまったと…

お赦しくださいと謝っていて、クヌートはそれの何がいけないんだって言っているけれど、王家に生まれた以上、やっぱりラグナルのやり方は間違ってましたよね。

結局、それが原因で自分が殺され、王子はひとりぼっちで厳しい争いごとに巻き込まれていくんだから…

クヌート王子が目を覚ますと、そこではアシェラッドの指示を守ろうとするビョルンと裏切り者たちが戦っています。

そのことを冷静に話して聞かす牧師。

ふたりは、すぐ隣で生きるか死ぬかの戦いをしているのに、まるで別世界にいるかのように語り合います。

これがすっごく深い話!!
愛とは何か?ってずっと牧師が考えてきたことですね。

牧師は、愛の本質は「死」だと断言。
つまり、自然の理こそが愛ってことです。

ラグナルがクヌートを大切にしていたのも、親子や夫婦がそれぞれを大切に思うのも、それは愛ではなく差別であると言うわけです。

しかもその差別は、王にへつらい奴隷に鞭打つような差別と同等だと。

これは考えさせられましたね。
ラグナルのエピソードは、特にわかりやすいです。

そしてクヌート王子も悟ります。
人間の心には「愛」がないと…

ラグナルは、それはそれは王子を大切にしたけれど、王子を守りたいがために62人の村人を見殺しにしましたよね。あの時は、都合の良い時だけキリスト教徒なのかよ!ってかなり頭にきましたけど、まさに差別でした。

それを「愛があるゆえ」と思うのか、それとも「差別」と思うのかは、考える人の立場によって変わってくるものであって、結局は自分の都合によって行動を選択することががそもそも差別ってことでしょう。

死んだら、憎むことも殺すことも奪うこともしません。
ただ、自然の摂理に従ってその一部になるだけです。

その死体を生物が生きるために食べ、朽ちた死体は土に戻ります。死んだ人は決して文句を言うこともなく、何らかの形で何かに自分を分け与えるわけです。

この真理にたどり着いてしまった王子は、まるで人が変わったかのようになっていきます。

ずっと家族から愛されず、唯一自分を愛してくれるのは父親のように思っていたラグナルだけだった王子。だけど、そのラグナルの想いも、愛ではなく差別だったと悟ったわけです。

愛を一番欲しがっていたのに、唯一手の中にあった愛は偽物で、生きている限りは手に入らないもの…

悟った王子の目の前には、戦いに勝ったものの暴走したまま正気を失っているビョルン。

ここで王子が覚醒します!

神は人を楽園から追放し、人は死なないと愛を与えることも得ることもできず、試されて耐え続けるためだけに生きるのか…
だったら、もう神は信じない!自分たちの手で楽園を作る!!

クヌートがそんなことを思って、覚醒したわけです。

アシェラッドとトルケルの戦いそのものが意味のないものだと断言し、覚悟を決めたセリフを言ったところで終了でした。

そなた達の戦いに
生と死に
意味を与えてやろう
それが王の務めだ

王って言いましたよ!
王子じゃなくて…

ここからのクヌート王子がどう変わっていくのか、何をしようとするのか要チェックですね。

こここまでが、それぞれの見どころだったんですけど…
原作と大きく違うのは見せる順番です。

アニメでは、トルフィンがトルケルに本当の戦士って何かと聞かれたところで、クヌート王子が「愛とは何かだと?」と聞かれるシーンに移動します。その後もふたりのそれぞれのシーンは交互に描かれたりするんですよ。

原作だとそのまま戦いのシーンは続き、トルフィンがふっ飛ばされて立ち上げれなくなった切りの良いところでクヌートのシーンになっています。

アニメのこの演出って、人によって好みはあるかもしれませんね。
うまい演出だな~とは思いましたけど。

アニメの演出だと、描く順番を変えることによって、トルフィンとクヌート王子が何を重要視して今後生きていこうとするのかってことを強調しているようです。

トルフィンやトルケルはずっとトールズが言い残した「本当の戦士」の意味がわからず、それを知りたいと思ってきました。
一方で、牧師はずっと「愛とは何か」を考えてきて、クヌートはその愛にずっと飢えてきました。

それぞれのこのテーマは、トルフィンとクヌートの生き方を大きく変えるとても重要なテーマです。
それをこのシーンで並べて表現しているのはさすが!って感じ。

ただその分、牧師とクヌートがずっと信じてきたキリスト教に対する想い・愛についての理解のシーンが軽くなっちゃったような気はします。それが好みがあるかもって思った理由です。

原作コミックだと、後半は途切れることなく愛についての内容になるので、かなり重みがあります。
クヌートが愛の本質に気づいて悟り、彼が別人のように変わるきかっけのシーンですから、じっくり重みを感じるように見たかったという気持ちもあります。

盛り上がり感としては、アニメの演出はカッコいいですけどね。

ヴィンランド・サガ(アニメ)18話 感想まとめ

ストーリーや演出は良かったと思うんだけど、今回気になったのは描画ですね。

なんで今回はこんなに主線が太いんでしょう???

確かにこういう描き方をするアニメってあるけれど、前回まではこんな感じではなかったのになぜ???って思います。

これまでは描写も最高にキレイって思っていたのにがっかりです。
主線ばっかり気になります。

次回「共闘」

あらすじ・感想の各話一覧
ヴィンランド・サガ(アニメ)の感想ネタバレまとめ!動画配信~登場人物も紹介中

↓次の第19話の感想はこちら

以上、「ヴィンランド・サガ(アニメ)18話のあらすじ・感想ネタバレ!クヌートの覚醒」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら