アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪



ピアノの森(アニメ)7話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)5年後のふたり

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

テレビアニメ化された大人気コミックピアノの森7話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

ピアノの森第7話「再会」

まずは、前回6話の復習から。

どんどん壊れていって音が出なくなる森のピアノ。
ピアノが弾けないことでイライラが爆発しそうな一ノ瀬海は、コンクールのレッスンの時に使っていたピアノを弾こうと思って、レッスン室に向かいます。

しかし、その途中で森にカミナリが落ちて、森のピアノは燃えてしまうのです。

では、ここから「ピアノの森(アニメ)7話のあらすじ・感想ネタバレ!5年後のふたり」についてまとめます。

スポンサーリンク

ピアノの森(アニメ)7話 あらすじ

5年の月日が流れ、一ノ瀬海も雨宮修平も高校生という年齢になりました。

修平は、ザルツブルグに留学中ですが、スランプに陥り、日本へ一時帰国します。

修平は、心がない・個性がないと言われて悩んでいましたが、その時に学校であるビデオを見て、それが頭を離れなくなってしまったのです。

5年間努力しても、自分のピアノが好きになれない修平・・・

そのビデオとは、ピエロに扮した演奏家たちの路上パフォーマンスで、修平にはそのピアノを演奏しているのはカイだとすぐにわかりました。

修平は、そのビデオを見て以来、指が思うように動かなくなってしまい・・・
だから、彼は今のカイと向き合うために日本に帰国してきたのでした。

しかし、カイはなかなか見つかりません。
まるで隠されているかのように、見つからないのです。

やっとの思いでカイを見つけて会いに行ったのですが・・・
そこにいたのは、マリアという女性でした。

ピアノの森(アニメ)7話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、8巻の最初59話~9巻の71話のお話です。

ピアノの森 8巻

ピアノの森 8巻

ピアノの森 8巻

[著]一色まこと

 

ピアノの森 9巻

ピアノの森 9巻

ピアノの森 9巻

[著]一色まこと

ピアノがまともに弾けなくなった修平が、日本に戻ってカイと再会して、スランプから脱出する話がメインです。

そして、カイの5年間がどうだったのか・海外へ飛び出すために何をどうがんばってきたのかを描いている部分でもあります。

このお話を見ているだけで、修平とカイがここまで違うのか!ということがわかりますね。

ただ、原作だとすっごく違いがわかるのだけど、アニメではさらっと流すのでさほど感じません。それは、カイがどれだけ大変な思いをしているのがほとんど描かれてないから・・・残念!!

ベンちゃんのセリフと、カイの家のそこらじゅうに書かれている勉強のあとを見て、修平がすごく努力をしていたカイに対して失礼なことをしたと後悔する様子でわかるぐらいでしょうか。

カイは、有名な進学校の特待生になっていて、その学校はバイトは絶対禁止。バレたら退学です。しかし、お金がないカイは働かなくてはいけないので、隠れてかけもちでバイトをしているわけです。

さらにカイの学校は、休んで塾に通うという人がいるほど成績が落ちることは許されないところで、その学校で特待生でいることは相当の勉強をこなしていかないとダメだすです。そこに、さらにピアノのレッスンとバイトが加わるので、相当ハードな生活をしています。

カイからすれば、ピアノをうまくなるという前に、ピアノを続けるための環境作りがとても大変な5年間だったのです。ここがあっさりすぎたのは残念!

それに対して修平は、環境で言えばかなり恵まれているでしょう。
普通に毎日ピアノ三昧できる生活ですから。

しかし、修平は先生から心がない・個性がないと言われて悩み、ピエロに扮して弾いているカイの個性の塊のようなピアノ演奏を聴いて手が自由に動かなくなってしまいます。スランプですね。

そして、5年前は逃げてしまったけれど、カイの今のピアノにちゃんと向き合わないとダメだと帰国したわけです。

頭が固くて余裕がない修平

修平は余裕がないし、頭が硬すぎるんですよ。
だから自分のことにめいっぱいで、カイの気持ちを考えられる余裕もありません。

カイの行方を探している時に、まだカイから話を聞いているわけでもないのに、嫉妬をしていたというのもそう。

自分がピエロの夢にうなされるのも、指が思うようにピアノを弾けなくなったのもカイくんのせいではないけど・・・と思いながらも、優秀な学校の特待生で最高の指導者にピアノを教わっているのが無性に腹が立つと言ってるんです。

思わず私の方がこれを見て、「はぁ???」って腹を立てましたね(笑)
自分は、当たり前のように「行くよ」と言っただけで海外に留学できる環境なのに!?
自分だって父親がピアニストで、ずっと有名な先生方に教えてもらってきたのに!?

それによく考えれば、森の端出身のカイがそんなすごい学校に入れるはずもなく、黙って阿字野に援助してもらうような性格でもないことはわかるでしょう。あの過酷な環境で生まれ育ったカイが、これだけの環境にいるには、大変なことがあったはずだって思えないのか?

でも、今は自分のことしか考えられない修平だけど、悪い子じゃないんです。いい人なんです。

本当に頭が固くて余裕がないだけなんですよね・・・
実際、あとからカイがどれだけ頑張ってきたのかを知って、すっごく反省したり後悔しますから。

頭の固さは、マリアがピークラでクラシックを弾いているのを聞いた時に描かれています。

やめてくれ!僕が学んだクラシックは、この曲は、こんなコトのために創られたんじゃないんだ。やっぱり僕は、カイくんに会うべきではなかったのか・・・

カイのように自由になりたいとか、彼のような魅力的なピアノが弾きたいとか言いつつも、結局自分自身がピアノや音楽についての考え方をまるで教科書のように決めつけているために、5年前と変われていないのです。

スポンサーリンク

修平がピアノを弾いたきっかけはカイの教え子

そんな修平がピアノを弾けるようになるきっかけは、カイがピアノを教えている大貴と会ったから。大貴のピアノは、カイが教えているだけあってとても自由!

大貴はいじめられてロクに学校に行けなかった子ですが、カイにピアノを教わるようになってから変わりました。そして、今度は彼が修平を変えます。

修平が昔いじめられたと聞いた大吾は、自分がピアノを教えてやると言って指導しだすんだけど、それはまさにカイが大貴に教えたであろう言葉ばかり。

心を正常に戻す時間
大丈夫、うまく弾く必要はないんだ・・・
楽譜なんか気にするな!
悔しい気持ちを吐き出すように・・・

涙を流しながら修平が21日ぶりに弾いた曲は、いじめられっ子大貴少年作曲の「ヤツらに捧げるバラード」でした。

このシーンは良かったですね。
教えたのは大貴だけど、これはまさにカイのピアノの考え方ですからね。

そしてその後に、修平はカイに対してこの5年間のすべてを話すんですよ。
カイから逃げたことも、ピアノが弾けなくなったことも・・・

これってプライドが高い修平にとってはかなり勇気がいったことでしょう。
カイだけには知られたくないことだから。

修平は自分勝手で我がまま?

ただ・・・
やっぱり、自分勝手だな~と思ったりもするんですよ。
本人が悪いばかりではないけど、なにげに修平はカイから距離をとったり置いてけぼりにしてばかり。

今回も、カイがスペシャルゲストを呼ぶから待っててと言っていたのに、置き手紙1枚残して留学先へ戻ってしまいますからね。

自分がピアノが弾けるようになったら、約束やぶって帰っちゃうのか???
それってあまりにも勝手じゃね?おいおい、自分のことばっかりだな~って思いましたよ。

実は、修平が帰ってしまうのにも、ちゃんとした理由はあるんです。この話には出てこないけど。それは父のコンサートを観るため。

留学していた間1度も観ていなかったコンサートを観るつもりになったのも、カイと向き合ったからだろうし、そこで父の偉大さに気づきます。

阿字野のピアノや彼に教わっているカイのことばかり意識していたけど、自分のもっとも身近な人はこんなにすごいピアニストなのかと知って留学先へ戻るんですね。

それがわかっていても、どうしても自分勝手だな~って思ってしまうのは、修平はいつもいなくなる側だからいいけど、そのたびにカイは寂しい思いを繰り返しているから。

カイは、修平と再会した時も本当にすっごく喜んでいたんですよ。小学生の頃からずっと彼は、純粋に修平に対して友情を表しているのだけど、修平はどうしてもカイのピアノへのライバル心もあるせいか、カイへの気持ちや配慮が足りません。

う~~ん・・・
ここからもチョロチョロと修平の自分勝手なところは出てきます。でも、それはすべて頭の固さと余裕のなさなので、彼の成長も応援していましょう。

修平がカイのことを真剣に思って彼のために必死になってサポートするようになるのは、彼自身が自分のピアノに目覚めたあとなので、まだ先の話です。

ピアノの森(アニメ)7話 感想まとめ

次回8話は「挑戦状」

原作漫画だと、修平が持ってきた阿字野の過去のピアノ演奏のビデオをカイが見るお話なんだけど、それは今回の内容にも含まれています。

この8話のあとの予定は、一気に飛んでワルシャワの話になるため、どんな話にまとまってくるのかが楽しみですね。

原作では、カイの恋人になるさえちゃんとの出会いからマリアを辞める話などがありますが、一気に飛ばされる可能性はありますよね。

あらすじ・感想の各話一覧他まとめ
ピアノの森あらすじ・感想ネタバレ!ココがすごい!総集編

↓次の第8話の感想はこちら

おすすめ動画配信サービス
Netflixにて独占配信
https://www.netflix.com/jp/title/80986797

以上、「ピアノの森(アニメ)7話のあらすじ・感想ネタバレ!5年後のふたり」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら