アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ヴィンランド・サガ(アニメ)20話のあらすじ・感想ネタバレ!王子がスヴェン王と対峙

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ヴィンランド・サガ20話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第20話「王冠」

前回19話は、トルケルとの決闘に勝つためにアシェラッドとトルフィンが共闘!そして戦いの結末は意外な展開になりました。

今回の20話は、ついに本隊に帰還したクヌート王子が、スヴェン王と対峙します。

では、ここから「ヴィンランド・サガ(アニメ)20話のあらすじ・感想ネタバレ!王子がスヴェン王と対峙」についてまとめます。

スポンサーリンク

ヴィンランド・サガ(アニメ)20話 あらすじ

戦士たちの戦いを止めて配下につけたクヌートは、イングランド北東部ゲインズバラに帰還します。敵だったトルケル軍を率いて帰ってきクヌートの変わりように驚くフローキたち。

ラグナルが死に、「愛」の本質を知って覚醒したクヌートは、父への僅かなら想いまでも一切捨ててしまいます。
そして、アシェラッドとともに暗殺を企てるのです。

そして、スヴェン王の前に参じたクヌート・アシェラッド・トルフィンは、王もまた何もかもわかっていることに気づきます。

そして、王は口を開き…

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるVOD動画配信サービスをご紹介します。

ヴィンランド・サガ動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

ヴィンランド・サガ(アニメ)20話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、7巻43話の途中~45話の途中までのお話です。

イングランド北東部ゲインズバラ近郊にて、フローキたちが情報に混乱している様子から始まります。

フローキは、事前に使者からの報告を受けていたにも関わらず、それを一切信用することなく槍で迎え撃とうとしています。彼は、あのクヌートがトルケル軍と戦って生きているわけがないって決めつけているんですよ。

そしてクヌートが帰還した時のあの間抜け面…(笑)
ざまぁ!!ってつい思っちゃいますね。

部下が、事実なら大変不敬な…って言っていたのにバカな男です。
本来なら、不敬罪ですぐ殺されたって文句言えませんよ。
自分が仕えている王家に槍を向けたんだから。

それにしても、気分がスッキリしましたね。

フローキからすると、まさかの状態が複数重なっているでしょうから、相当びっくりしたはずです。

クヌートが戻ってきただけでも驚きなのに、まるで別人のようになっていたり…

自分たちがまったく勝ち目がなく撤退した際の強敵トルケルが王子の従者としてやってくるし…

アシェラッドまでもが、従者になってこの場にいるとは…

スポンサーリンク

フローキからすると、アシェラッドのことが一番困った状態かもしれません。
トールズが生きていることを知って、本来ならヨーム戦士団に連れて帰らなければならないのに、自分の出世のためにアシェラッドに依頼して殺させましたから。

その事実を知っているアシェラッドが、今後自分たちとは敵対するであろうクヌートの従者として今目の前に現れて来たのだから、それは焦るでしょう。

クヌート王子が覚醒したのも、ダメージあったはず。
前の王子だったら、万が一王位を継承したとしてもうまいこと言って彼が実権を握れたでしょうが、ああも覚醒してしまうと難しいでしょうから。

しかも、クヌート側にはまともな戦力を与えていなかったのに、トルケル軍が加わったことで膨大な戦力が敵となり、その万が一の状況になる確率もアップしたわけです。

他の兵士や戦士たちは、トルケルが味方なら嬉しいってノリでしょうが、スヴェン王の重臣であるフローキからすれば、後々クヌートの配下は敵になることがわかるから、相当なプレッシャーになるでしょう。

そしてここからは、クヌート王子とスヴェン王との腹のさぐりあいが始まります。
クヌートは、アシェラッド・トルフィン・トルケル・アスゲートに、今はまだ仕掛けてはならないと言って、それぞれに指示を出します。

トルケルとアスゲートは、戦士たち各部族との信頼関係を修復して根回しをする準備をさせます。アシェラッドには、一緒にスヴェン王を陥れる今後の計画を立てさせるつもりですね。トルフィンは、護衛の他に色々させるみたいです。

本当に、今までの王子とは同じ人間だとは思えないほどの頭の良さです。
適材適所な人事配置に、冷静な判断…すごすぎます。

このあとに、スヴェン王と対面するわけですが、相手もまたクヌートの考えることをしっかり理解していて、数多くの兵士たちが隠れていつ何が起きても攻撃できるように待機しています。

そして、スヴェン王の言い分が笑えると言うか呆れるというか…
その部分が今回のタイトル「王冠」です。

若かりし頃のスヴェン王は、王国のために良かれと思って先王を国外へ追放って王冠を奪いました。しかし、いざ王になってみると王冠に意志があって、自分ではなく王冠が力を使っているのだとハッキリ言ってのけましたね。

つまり、王冠がクヌートを欲していないから、彼を殺そうとしたのだと…
おいおい…そんなことがあるわけがないだろう!?

ふたりのやり取りを聞いていたアシェラッドは、途中でクヌートが王に対して挑発するような発言をしたのに焦って口をはさんでフォローした結果、厳しい状態からご褒美がもらえる状態にしました。

ただ、この王子の挑発も、気持ちが抑えられなくてってわけでもないんですよね。スヴェン王があまりひどいことをできないだろうとわかっていての挑発。
これぐらいなら大丈夫だろうという線引はしていたということです。

それでも、万が一どう気分が変わるかもわかりませんから、アシェラッドはすかさずフォローしたということです。アシェラッドからすれば、ここで王子の立場が危うくなってしまうと、自分の計画が水の泡ですから。

ただ、そんなアシェラッドも、トルフィンが驚くほど怒りのオーラを発したシーンがあります。それは、スヴェン王から名前を聞かれて、奴隷に産ませた子かの?と言われた時。

これは怒りますよね。
ウェールズの王女であり、英雄・ケルトの将軍アルトリウスの子孫だった母リディアをさらって奴隷にしたのは、デーン人の豪族であった父でしたから。

心の底からデーン人を憎んでいるアシェラッドは、同じデーン人のスヴェン王にの口から奴隷という言葉が出たのが許せなかったんでしょう。その気持は複雑だったと思います。

だからデーン人は嫌いなんだって気持ちはもちろん、母親を奴隷扱いされたって気持ちもあるでしょうしね。それに、今に見ていろという気持ちもあったでしょう。

このあとは、ちょっとホロッとする今での仲間たちに関するシーンが入ってきます。

まず、ラグナルの弟・グンナルが登場!
ラグナルを細くしたって感じで、とんがり頭だけではなく、優しそうで戦うことには不向きな人物というところも似ています。

そして、このグンナルとクヌートの会話で、やっとラグナルのことを少し見直しました。亡命させようと考えていたとは…

クヌートからすると、どちらが幸せだったんでしょうか。
亡命に成功して、ラグナルと親子のような生活をするのと、覚醒してスヴェン王と戦い、自らが王になるのと…

まぁ、後手に回ってばかりのラグナル兄弟たちの計画が、頭のキレるスヴェン王に勝るとも思えないし、王位継承権がある人物を生かしておくとも思えないですから、亡命しても幸せに生活できたかというと難しいかもしれません。

だって、あのトールズだって見つけられてしまったんですからね。
彼以上に必死に探すでしょうから。

そしてもうひとつ…
裏切り者となったトルグリムとアトリの兄弟が、アシェラッドに別れの挨拶をしにきたシーン。

アシェラッドは、アトリに金を渡して、二度と剣を握らず、普通に結婚して羊を飼いながら平凡に生きろと約束させました。

彼らが裏切った時に、デーン人は嫌いだと宣言し、つい先程もスヴェン王に対して怒りのオーラを出していたアシェラッドが、裏切り者兄弟に対してこんなに優しい態度をとれるのは、結局長く一緒に戦ってきて、それなりの情は湧いていたということでしょうね。

嫌いだと言いながら、好きな人もいたんですよ。

原作コミックには、今回のストーリーの中に、ビョルンとのシーンもちょこっと入っていて、アニメではカッとされていました。次回以降ビョルンが登場してきた時には、このアシェラッドの気持ちもハッキリ描かれるはずです。

ヴィンランド・サガ(アニメ)20話 感想まとめ

ヴィリバルドが髪を切りヒゲを剃って、めちゃくちゃ若くなっているのを周りが驚くシーンには笑いました。23歳にやっと見えましたけど、比較するとその差がすごすぎて笑える!

だけど、若いからこそ極度のアルコール依存症になってしまうほど酒を飲み、「愛」について考え込んでしまったのかもしれませんね。それだけまっすぐというか。

以上、「ヴィンランド・サガ(アニメ)20話のあらすじ・感想ネタバレ!王子がスヴェン王と対峙」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら