アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

BANANA FISH(バナナフィッシュ)の感想ネタバレまとめ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

BANANA FISH(バナナフィッシュ)がついにアニメ化!!

この作品は、今までも舞台化されたりしていますが、今回は吉田秋生先生の40周年記念プロジェクトによりアニメ化されています。

2クール24話のため、完結している原作の漫画を、この24回にまとめつつ、アッシュと英二をW主人公として描いていくそうですよ。

スポンサーリンク

BANANA FISH(バナナフィッシュ)基本情報

7/5(木)スタート
フジテレビ 毎週木曜24:55~

その他放送局:関西テレビ・東海テレビ・秋田テレビ・岩手めんこいテレビ・仙台放送・さくらんぼテレビジョン・福島テレビ・新潟総合テレビ・テレビ静岡・テレビ新広島・テレビ愛媛・テレビ西日本・サガテレビ・テレビ熊本・鹿児島テレビ・長野放送・高知さんさんテレビ・山陰中央テレビ

おすすめ動画配信サービス
Amazonプライム・ビデオ 独占配信

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

スタッフ

原作:吉田秋生「BANANA FISH」
監督:内海紘子
シリーズ構成:瀬古浩司
キャラクターデザイン:林明美
総作画監督:山田 歩・鎌田晋平・岸 友洋
メインアニメーター:久木晃嗣
色彩設計:鎌田千賀子
美術監督:水谷利春
撮影監督:淡輪雄介
編集:奥田浩史
音楽:大沢伸一
音響監督:山田陽
アニメーション制作:MAPPA

キャスト

アッシュ・リンクス:内田雄馬


 
奥村英二:野島健児


 
ディノ・F・ゴルツィネ:石塚運昇


 
ショーター・ウォン:古川慎


 
フレデリック・オーサー:細谷佳正


 
マックス・ロボ:平田広明


 
伊部俊一:川田紳司


 
月龍(ユーシス):福山潤


 
シン・スウ・リン:千葉翔也


 
エドアルド・L・フォックス:堀内賢雄


 
スキップ:村瀬歩


 
マービン・クロスビー:石塚賢


 
グリフィン・カーレンリース:布施川一寛


 
ドクター・メレディス:長嶝高士


 
ジム:星野充昭


 
ジェニファ:釘宮理恵


 
ジェンキンズ:小形満


 
チャールズ・ディキンソン:上田燿司


 
ジェシカ:深見梨加


 
マイケル:富田美憂


 

ラオ・イェン・タイ:斉藤壮馬
ブランカ:森川智之
エイブラハム・ドースン:林勇

BANANA FISH(バナナフィッシュ)あらすじ

1973年のベトナム戦争の際、アメリカ兵士のグリフィン・カーレンリースは、突然仲間たちに向って自動小銃を乱射してしまいます。

その場所に一緒にいたマックス・ロボは、彼の足を撃って取り押さえるのですが、グリフィンは「バナナフィッシュ」という謎の言葉をつぶやいていました。

そして1985年、グリフィンの弟でストリートキッズのボスであるアッシュは、暗黒街のボス、ディノ・ゴルツィネの指示で銃撃された瀕死の男から、小さなロケットを受け取るとともに、「バナナフィッシュに会え・・・」という言葉を聞きます。

アッシュは、正気を失ったままでいる兄グリフィンの面倒をみていて、兄も同じ「バナナフィッシュ」という言葉をつぶやいていたことから、興味を持ちます。

その後アッシュは、雑誌の取材で知り合ったカメラマン助手の英二を巻き込みつつ、バナナフィッシュの謎を追い始めます。

スポンサーリンク

BANANA FISH(バナナフィッシュ)感想

この作品は、別冊少女コミックで1985年から連載されていた漫画を原作にアニメ化しています。

もう33年も前の漫画ですよ!
すごくないですか?今もなお、アニメ化して最高に面白い漫画って・・・

さすがに、漫画を見ると時代は感じるのだけど、変わらず面白いです。
7月の後半まで無料で3巻ぐらいまで読めるので、読んでみるのもいいですよ。

BANANA FISH 1

BANANA FISH 1

BANANA FISH 1

[著]吉田秋生

監督の内海紘子さんとキャラクターデザインの林明美さんの対談インタビューによると、この記事の出だしに書いたとおり、2クール24話で原作の漫画をまとめるそうです。

カットするところをどうするのかなど、尺の問題でかなり苦労してアニメ化しているとか。

でも、ファンとしては中途半端なところで終わらせることなく最後まで見れそうだし、なんと言っても、2人の関係性に惹かれた内海監督が、W主人公として描きたいと話していたのを読んで、嬉しくなりましたね。

そうなんですよ、この作品は、バナナフィッシュって何?という謎を知りたいというのもそうだし、ハラハラドキドキの展開も面白いのだけど、私はアッシュと英二の関係がどうなるのかをじっくり見たい!!

ふたりは、友情って言葉で表せないほどの心の絆を作っていくんですよ。

このふたりの関係って、なんて言えばいいんだろう・・・
なにか、言葉ひとつでは言い表せないような絆があるんですよ。

原作の漫画の最終巻では、「恋人以上で、性的な関係は一切なく、恋愛に似た感情はあったかもしれないけど、魂の奥深いところで結びついていた」と、7年後のにシンが話しているシーンがあります。

これを、33年前に書いていたのだから、すごい!

そうそう、男同士なんだけど、お互いを大切に思う気持ちは恋人以上で、かといって「恋人」ってだけでは物足りない感じ。もっと奥深いものがあると思うんだけど。

そして、最後はもう号泣する・・・
何度読んでも号泣しますよ・・・残念ながら、ハッピーエンドではないです。

この作品の終わり方って、私の中ではあの名作テニス漫画「エースをねらえ!」を思い出すわ・・・

エースをねらえ!では、主人公の岡ひろみがアメリカへ立とうと飛行機に乗り込もうとした時、彼女のコーチの仁が「エースをねらえ」って書き残して病院で亡くなります。

その亡くなった瞬間、ひろみはコーチの声が聞こえたって思うんですよね。

岡ひろみとコーチの宗方仁も、選手とコーチ以外のとても奥深い関係があって、ひろみは藤堂先輩という恋人がいるけど、藤堂先輩が踏み込めないような絶対的な存在としてひろみの中にコーチがいるわけです。

宗方の方は、ひとりの女性として愛してはいるものの、恋愛なんて薄っぺらなものじゃなくて、超越して愛しているんですよね。藤堂がこの人には到底かなわないと落胆するような愛し方をしています。

そんなふたりだからこそ、亡くなった時に遠く離れていても気持ちが通じていたんだ・・・って号泣したものです。

バナナフィッシュのアッシュと英二も同じ!!
アッシュが刺されて、英二は飛行機に乗る時に何か感じるわけです。

男女じゃないから、ちょっと違う部分はあるものの、お互いの存在は人生に影響を与え続けるほどのものだっったわけで、彼らの気持ちも強く繋がっていたはずです。

基本的に、ハッピーエンドじゃないと悲しいのが嫌だから見ない私が、号泣しつつも何度も見てしまうほどのラストシーンです。

アニメでは、どのように描いてくれるのか楽しみですね。

ハッピーエンドとは言えない終わり方だけど、納得のできる終わり方で、この終わり方だからこそこれだけ胸に響くのかな・・・なんて思います。

アニメ:あらすじ・感想 各話一覧

原作漫画:あらすじ・感想 各巻一覧

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら