アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

不機嫌なモノノケ庵(1期・2期・漫画)のあらすじ・感想ネタバレまとめ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

第2期「不機嫌なモノノケ庵 續」のTV放送が2019年1月6日からスタートです!!待ってました!

不機嫌なモノノケ庵は、原作がワザワキリ先生の漫画で、ガンガンONLINE(スクウェア・エニックス刊)に掲載中です。

もののけ好きの私はこの作品がめっちゃ好きで、1期アニメも漫画もドハマリしました。
2期は原作コミック自体がハードな内容や謎も増えてきて面白くなっています。だから余計に期待大ですね。

スポンサーリンク

アニメ:不機嫌なモノノケ庵(1期)各話一覧

1期の動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

アニメ:不機嫌なモノノケ庵 續(2期)各話一覧

2期の動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

原作漫画:不機嫌なモノノケ庵各巻一覧

原作コミックは、今日現在で12巻まで販売・電子配信されています。

不機嫌なモノノケ庵 基本情報

まずは1期を復習!

登場人物&キャスト紹介

芦屋花繪:梶裕貴
花屋の息子で高校1年生。
妖怪が見えるようになって、物怪庵の奉公人(バイト)になります。
芦屋という名前は、何か関連があるらしい!?


 
安倍晴齋:前野智昭
物怪庵の主。芦屋のクラスメイトでもあります。
現世にいる妖怪たちを、妖怪の住処である隠世に祓って送ることが仕事です。


 
モジャ:諏訪彩花
自分を見つけてくれた芦屋が大好きになって取り憑きます。その後一度は隠世へ祓われましたが、芦屋と再会した際に、物怪庵で一緒に働かせてもらえるようになりました。


 
藤原禅子:高垣彩陽
お寺の娘で、見た目は幼いが芦屋や安倍と同じ高校の1年生。
ヤヒコに咬まれたことがきっかけで妖怪を見ることができるようになりました。


 
ヤヒコ:大谷育江
いたずらが大好きな妖狐。瞳子に化けることもあります。
禅子の寺で手伝いをすることを条件に住まわせてもらっています。


 
立法:諏訪部順一
隠世をまとめている3人の権力者のひとり。妹のシズクを溺愛しています。


 
司法::下野紘
隠世をまとめている3人の権力者のひとり。白虎のような猛獣に化けることもあります。


 
行政:遊佐浩二
隠世をまとめている3人の権力者のひとり。烏に化けることもあります。芦屋のことを毛嫌いしている危険な妖怪。


 
コウラ:日笠陽子(右)とシズク:橋本ちなみ(左)
コウラは隠世の亀薬堂の主人。シズクは立法の妹で、亀薬堂で働いています。


 
嵯峨(サガ):八代拓と伏見(フッシー):本橋大輔
芦屋と安倍のクラスメイト。

不機嫌なモノノケ庵あらすじ

男子高校生の芦屋花繪(あしやはなえ)は、ある日妖怪に取り憑かれてしまい、毎日体調が悪く保健室で寝込む始末。

困った芦屋は、偶然見かけたバイトの募集を見て、妖怪祓いを行っている物怪庵(もののけあん)を訪れます。

そこにいたのは、安倍晴齋(あべのはるいつき)。
彼は本来妖怪がすむべきである隠世(かくりよ)から、何らかの理由で現世(うつしよ)に留まっている妖怪たちを隠世へ送り返す仕事をしています。

無事に取り付いていた妖怪モジャを隠世へ送ってもらった芦屋は、借金となったお祓い代を返すために、物怪庵の奉公人(アルバイト)として働くことになります。

不機嫌なモノノケ庵感想

もののけ系や不思議生物が登場する作品は大好きですが、この作品は特に好き!

他にも、鬼灯の冷徹・神様はじめました・かくりよの宿飯など好きな作品はたくさんあるのだけど、私の中でのBEST3は、夏目友人帳・蟲師、そしてこの不機嫌なモノノケ庵になります。

私がこれほど好きな理由は、まずはキャラですね。
愛されキャラが多いというのが、一番の理由って言えるでしょう。

主人公の芦屋花繪がいいですよね。
明るくて真っ直ぐで、こんないい子いないわって思うぐらいなんだけど、優等生ってわけでもなく普通の男子高校生っていうのがいい!!

そしてモジャが可愛すぎる・・・
モジャがいるだけで、もうこの作品が好きかもしれません(笑)

あと、イケメン揃いですね(笑)
立法は、諏訪部順一の声というのもあって、すっごくカッコいいと思ってます。

声と言えば、ヤヒコもいいわ~~。
大谷育江さんの声がイメージにぴったりで、原作でもヤヒコは憎めない可愛いキャラなんだけど、より可愛さがアップしてます。

ちょっと我がまま、それでも憎めないところが、うまく描かれていると思いますね。

それから、キャラといえばクラスメイトのサガとフッシーがふたりともいい人~~~。
特にフッシーはすごすぎる!!彼のキャラは最高です。

彼の出てくるシーンで好きなのは、安倍と芦屋が妖怪と待ち合わせ予定で時間厳守なのに、担任の話が長くてホームルームが終わらなかったシーン。

誰もが心の中で早く先生の話が終わらないかと思っているのだけど、そんなこと直接言える空気ではなく・・・

でも、フッシーは言っちゃうんですよ。
コンビニ行きたいのでもう帰ってもいいですか?先生話長いよ~

しかもこれが、顔面蒼白でそわそわしている芦屋と、殺人鬼みたいな顔をして担任を睨んでる安倍のことを思ってのことだというのだから、本当にいい子・・・

フッシーが主人公の漫画も読んでみたいと思うほど、彼はマイペース。そしてめっちゃいいヤツです。

以上「不機嫌なモノノケ庵(1期・2期・漫画)のあらすじ・感想ネタバレまとめ!」でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら